残してしまった八宝菜はいい匂いがする

「インストラクター」のこと好き?嫌い?それぞれ感じ方があるかもわかんないけど、それほど悪くはないよね、「少女」は。そうじゃない?

暑い祝日の夕方は冷酒を

昨日は、梅雨があけてから初めて大雨が降った。
アジ釣りの約束を友達としていたが、雷が鳴っていたので、さすがに危なくて行けない。
気がついたら、雨が降っていなかったので、やっぱり行くということになったのだが、釣りに行くための準備をして、行ってみたら雨が降ってきた。
雨が止んだことにより来ていた釣り人が、ばたばたと釣りざおなどを車に片づけていた。
えさも解かして用意していたのにもったいなかった。
またの機会に行ける日にと言って道具をしまった。
明後日からは晴れが続くそうだ。
なので、今度こそ行こうと思う。

そよ風の吹く火曜の午後は歩いてみる
師匠が一昨日チヌ釣りにいつもの場所に行ったらしいが、長時間やっても何匹かしか釣れなかったらしい。
餌取りが見えるほどいて、チヌ釣りがやりにくかったらしい。
けれど、外道だがイノコの40cmオーバーが釣れたらしいから、いいなと思う。
昨年、いただいてさばいて食べたがたいそうおいしく印象に残っている。
そんなのがいいのがいると知ったら釣りに出かけたくなるが、今すぐというわけにはいかないので今度だ。

泣きながら吠える君と暑い日差し

ものすごく甘い物が好きで、甘いおやつなどを自作します。
普通に自分で混ぜて、型に入れオーブンで焼いて作っていたのだけれども、近頃、ホームベーカリーで焼いてみた、すごく簡単でした。
こどもにも食べてもらう、ニンジンをすって混ぜたり、リンゴを混ぜたり、栄養がとれるように心がけている。
砂糖が控えめでもニンジンや野菜自体の甘さがあることによって、喜んで口にしてくれます。
最近は、スイーツ男子なんて言葉もテレビであるから一般的だけども、しかし、昔は、ケーキを作っているといったら不思議に思われることが多かったです。
ここ最近は、そういう男性がよくいるよねと言われてそれも寂しい。

息絶え絶えで熱弁するあなたと観光地
夏で催しが大変多くなり、最近、夜分にも人の往来、車の通行が大変増えた。
へんぴな所の奥まった場所なので、常日頃は、深夜、人の往来も車の往来もまったくないが、花火大会や灯ろう流しなどが行われており、人の通行や車の通りが大変多い。
常日頃の静かな晩が邪魔されていくぶんやかましいことがうざいが、通常、エネルギーがわずかな農村がエネルギーがでているように見えるのもまあいいのではないか。
周りは、街灯も無く、真っ暗なのだが、人の行き来、車の通りがあって、活況があると明るく思える。

笑顔で踊る兄さんとファミレス

本日の体育はポートボールだった。
少年は、ポートボールが苦手だったので、ふてくされて体操着に着替えていた。
今日はきっと、運動神経のいいケンイチ君が活躍するだろう。
おそらく今日は、運動神経抜群のケンイチ君が活躍して女の子たちにキャーキャー言われるだろう。
そうなると、少年が恋しているフーコちゃんは、ケンイチ君がヒーローになるところを見るなるのだろう。
少年は「あーあ」とこぼしながら、運動場へ歩いていった。
でもフーコちゃんは、ケンイチ君ではなく、少年のことをチラチラ見てたのを、少年は気付かなかった。

怒って泳ぐ妹と夕焼け
いまどき珍しく、私の部屋は、クーラーも暖房器具も置いていない。
だから、扇風機と冷やしたペットボトルを片手に仕事をする。
この前、扇風機をどかそうと思いつき、回転しているまま抱えてしまった。
そしたら、扇風機の中身が止まったので「なんで?」と不審に感じ、手元を見た。
何故か気付かなかったが、回転の邪魔をしているのは、まさしく自分の指だった。
手を放すと、また活発に回転しだして、指からは血が垂れてきた。
痛さも感じる間もなかったが、しっかりしようと心に留めた。

蒸し暑い土曜の夜明けにお酒を

昔の頃、株の取引に興味をいだいていて、購入したいとおもったことがあったけども、たいしたお金ももっていないので、購入できる銘柄は限られていたから、あんまり魅力的ではなかった。
デイトレードに興味があったけれど、頑張って稼いでためた貯金があっさりとなくなるのも怖くて、買えなかった。
証券会社に口座は開いて、資金も入れて、ボタンを押すだけで買える状態に準備したけれど、怖くて買うことが出来なかった。
頑張って、働いて得た貯金だから、金を持っている人たちから見たら少額でも大きく減ってしまうのは恐怖だ。
でも一回くらいは買ってみたい。

天気の良い祝日の朝に目を閉じて
花火の季節だけれど、住んでいるところが、行楽地で毎週夜に、花火が上がっているので、もはや見慣れてしまって、新鮮さも感じなくなった。
毎週夜に、花火を打ちあげているので、苦情も多いらしい。
俺の、住居でもドンという花火の音がうるさすぎて子供が怖がって泣いている。
一回、二回ならいいが、夏の間、土曜日に、長い時間、花火をあげていては、むかつく。
早く終わればいいのにと思う。

涼しい金曜の晩に歩いてみる

南九州の少しお歳の女性は、いつも、切り花を墓前にやっているから、そのために、生花が多量に必要で、切り花農家もわんさかいる。
夜更けに、原付で駆けていると、電照菊の明かりがしばしば夜更けに、原付で駆けていると、電照菊の明かりがしばしば視野にはいってくる。
住宅の光源はめっちゃ少ないへんぴな所とは言っても、菊の栽培光源はちょいちょい目にとびこむ。
菊の為のライトはちょくちょく視認できても人の往来はたいそう少なく街灯の光もめちゃめちゃわずかで、危険なので、学生など、駅まで迎えにきてもらっている学生ばかりだ。

笑顔でダンスする友達とぬるいビール
冷え性になってからは、少々ヘビーだけれど、やはり寒い時期が恋しい。
外の空気が乾いているからか、カラッとした匂い、その上ストーブの温かさ。
寒い時期の日差しって豪華な気になるし、カメラを持っていく、朝の海岸も美しい。
季節感を出したかったら、レフもいいけれど、トイカメで思う存分撮りまくる方が絶対味のあるショットが手に入る。

カテゴリ

「インストラクター」のこと好き?嫌い?それぞれ感じ方があるかもわかんないけど、それほど悪くはないよね、「少女」は。そうじゃない?

Copyright (c) 2015 残してしまった八宝菜はいい匂いがする All rights reserved.